【カラカラとちぶぐゎ~】泡盛を「おちょこ」でちょい飲みできるお店

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 4 分で読めます。

 

やった。

またまたお気に入りのお店増えちゃった♡

先日友人と晩御飯を食べに行ったお店、「カラカラとちぶぐゎ~」です。

お料理が美味しいこともポイント大ですが、なんといっても沖縄47カ所ある酒造の主要銘柄が全て取り揃えてあるなんて、最高じゃないですかぁ(*´ω`)

ご夫婦で切り盛りされていて、お二人ともが泡盛マイスターなんだそうです。

店内はウッド調で、灯りが丁度良いかんじに薄暗く、とっても落ち着く雰囲気です。

 

大きなテーブルと、二人掛けの小さなテーブルと、カウンター、座敷があります。

カウンターがあるので、1人でも来店しやすいですよ。

今回は、泡盛の棚が見渡せるカウンターに座ってみました♪

 

まずは、ビールで乾杯。お通しも種類が豊富で美味しかった♪

 

それにしても、いい眺め♡

店名の「カラカラ」とは、昔泡盛を入れていた酒器、「ちぶぐゎ~」とは小さなおちょこのことです。

居酒屋などで泡盛を飲む時にはグラスで出てくることが多いですが、なんとこのお店ではおちょこのサイズから飲める設定があるんです。その分、300円くらいのお値段で飲めちゃいます。

う、嬉しい。

まだ泡盛初心者で、色んな泡盛を味わっていきたい私にとっては嬉しいシステムです。

メニューを見ると、沢山の泡盛が載っていて、ウハウハ状態。

なかなかないですよ。こんなメニュー。

これまでに飲んだことのあるものや、名前だけ知っているもの、聞いたことのないものなど、色とりどり。

一杯目のビールを飲みながら、メニューを真剣に眺めます。

その中で、気になるものを発見。

「与那国 にごり泡盛 海波(かいは)」

こ、これは飲んでみたい!濁ってるのか?白いのか?

興味津々で、一杯目のビールのあとに注文してみました。

スポンサーリンク

すると、「こちらが海波です。にごり、とあるんですが、濁っているわけではないんですよ。こちらでよろしいでしょうか?」と、スタッフさん。

う、私の心の中を読まれていたのか?( ゚Д゚) 恥ずかしい!

 

きれいな琉球ガラスのおちょこに入れてくださいました。

ほんとだ、濁ってない、くっきり透明です。

きっと、濁っていないことが分かりやすいように、透明のガラスに入れてくださったんですね(*´ω`)

海波は、与那国島にある崎元酒造所で、与那国島の珊瑚水を使用して作られている泡盛。

飲んでみると、結構ガツンとくる。

水割りにすればよかった(;^ω^)

 

注文したお料理がこちら。

手作りジーマミー豆腐、マーマチのカルパッチョ、県産マグロみぞれ鍋、天ぷらの盛り合わせ。

マーマチという魚は初めて聞いた名前なのですが、タイの仲間みたいです。見た目も味もタイそっくりでプリプリしてて超美味しかった♪

次回もきっと注文するだろな。

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ、結局泡盛は海波の一種類しか飲めませんでしたが、美味しいひと時を過ごせました。

今度は泡盛の味をじっくりと楽しみたいです♪

 

【カラカラとちぶぐゎ~】

住所:〒900-0015  沖縄県那覇市久茂地3-15

電話:098-861-1194

営業時間:18:00~24:00

定休日:日曜

アクセス:ゆいレール県庁前駅から徒歩約5分

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です