【在宅ワーク】PIXTA[ピクスタ]で写真を販売しよう!

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 3 分で読めます。

ネットでサイトなどを見ていると、写真の下とかに提供元の「PIXTA」という文字を見たことがあると思います。わたしは昔から写真を撮るのが好きで、なんでPIXTAにたどり着いたか覚えていないけど、2011年に初めてPIXTAに写真を登録しました。

動機はやはり、副収入を得たかったからなのかな?この頃から時々思い出してはお気に入りの綺麗に撮れた写真を登録してます(^-^)

ちなみに下の写真は私の作品です♪ 「カラフルにわとり」が私のネームです♪

 

 

PIXTAとは?

PIXTAは、クリエイターとして会員登録(無料)して、自分の作品(イラスト、写真、動画)をプロアマ問わず誰でも写真の販売ができるサイトです。

もしかしたら、街の中に貼ってあるポスターなどに自分の撮った写真が採用されていたら、こんなうれしいことはないですよね!

スポンサーリンク

逆に、PIXTAに登録してある作品を購入もできます。

 

PIXTA販売での注意点

画像などを販売するにあたって、注意点もあります。写真ならなんでもかんでもってわけにはいかないんです。自分自身で撮影したもの、すなわち自分に著作権のあるものでないといけないとか、第三者が所有・管理している敷地内での撮影はダメとか、他にも気を付けないといけないことありますので詳しくはPIXTAのサイトを見てみてくださいね!

 

審査がある

登録したい写真はまず審査を受けるのですが、審査を落ちる可能性としては、ピンボケしているとか、全体的に暗いイメージとか。私も何枚かは落選しています(;^ω^)

 

売れる写真とは

2011年から始めたPIXTAでの販売ですが、私の写真は未だ売れず・・・(;^ω^) 綺麗に撮れてるのになあと思うのですが、「自分が見たい作品」= 「必要とされる作品」ではないということがよく分かりますね。

PIXTAのサイトで「今売れる素材はコレ」とか、「トップクリエイターさんのインタビュー」とかで色々アドバイスしているので、そういったものも参考にしてターゲットを絞って撮ったりするといいですね!

 

自分の作品を少しでも多くの人に見てもらえる場所でもあると思うので、PIXTAはお勧めですよ(*‘∀‘) 写真撮影が好きな方に是非お勧めの在宅ワークです。あなたの作品を是非PIXTAで販売してみてください♪

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です