【ドリップコーヒー】いつものコーヒーが100倍美味しくなる淹れ方

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 4 分で読めます。

 

私は最近、ゆったりとした午後のひとときにコーヒーを一杯飲むようになりました。

若い時には苦手だったコーヒー。社会人になり、いつの間にか飲めるようになってました。

気分によってはミルクとか入れるときもあるけど、コーヒーも紅茶も基本的にはブラックで飲みます。

母はコーヒーメーカーでコーヒーを入れてくれます。やっぱり美味しいですよね~新鮮な感じがする。コーヒーの美味しさに気づいたとき、コーヒーメーカーってカッコイイし私も欲しいなぁと思いました。(どんな理由だ)

フィルターをセットして、コーヒーの粉を入れて、水を入れて、しばし待つ。

待つ・・・

面倒くさい~(;^ω^)

昨年テレビでやってたんですが、本格的に豆を挽くところからコーヒーを淹れる男子が増えているんだとか。「コーヒー男子」とか言っていましたね。こだわる男ですね。

大阪のとある喫茶店でコーヒーを飲んだ時に衝撃的だったのは、理科の実験で使うフラスコみたいなとこに逆流してコーヒーがぐつぐついってるやつ(?)でコーヒーを淹れていたこと。そこまで手間暇かけて飲むのが大人のコーヒーの楽しみ方なんでしょうね。大人の余裕ってやつですね。

しかしその1杯が出てくるのがやたら遅かったです。私はそのとき早くコーヒー飲みたかったので待ち遠しかった(;^ω^)

とにかく、そうやって誰かが手間暇かけて淹れてくれるんならなにか他の用事しながら待ちますが、やっぱり自分で淹れるとなると・・・しないですよねぇ~(笑)

そんなものぐさな私が目を付けたのは、「ドリップバッグコーヒー」。

こうゆうやつですね。これって結構美味しいんですよね。風味というか、香りが全然違う。コーヒーの香りがすると、幸せ気分になる。この香りのよさがコーヒー好きになった理由なのかなと思う。

インスタントほど手軽ではないですけど、コップのフチにかけてお湯を注ぐだけなので、簡単ですよね。

スポンサーリンク

私は、朝は手軽にインスタントで、休日の朝や時間のあるときにはこのドリップバッグでコーヒー淹れてます。そうやって「余裕のある時間を作る」ってことも大事なんだと思います。「心の余裕」というか。心に余裕がなかったら気長にはなれないですからね。

コーヒー男子の番組でも言っていたのですが、いつものコーヒーがさらに美味しくなる淹れ方があるんですよ。簡単にまとめてみました。

 

①お湯は90度前後

②最初は粉を湿らす程度に少しだけお湯を注ぐ(コーヒー豆が膨らむ)

③30秒程度蒸らす(蒸らす時間が短いとあっさり風味、長いと苦み、深みが出ます)

④溢れないよう少しずつ注いでいく

⑤最後まで粘らずに早めにバッグを引き上げる(雑味が出るので最後の一滴までは入れないようにしましょう)

 

だそうです。2分もあれば完成です。

このたった2分で幸せ気分になれる。これくらいのことだったら、ちょっとやってみようって思いませんか?

時間の余裕=心の余裕。

コーヒーを淹れる時間をもつことで心に余裕が生まれます。そうやって淹れたコーヒーは、いつもよりきっと美味しいはずです。大人のコーヒー時間を楽しみましょう♪

 

たった5秒で本格コーヒーが味わえるパウダーコーヒー【INICコーヒー】



Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です