【竹富島日帰り旅行】レンタサイクルで観光名所巡り

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 16 分で読めます。

今年の夏の旅行はもうお決まりですか?

今日おすすめしたい沖縄のスポットは、竹富島(たけとみじま)です♪

もし石垣島へ行くのであれば観光ルートに八重山諸島の竹富島を入れるのはマストですよ。

石垣島からとっても近く、高速船で10分ほどで到着。小さく美しい島の中をサイクリングすれば、沖縄旅行の素晴らしい思い出になること間違いなしです(*‘∀‘)


 

八重山諸島って?

石垣島から八重山の各離島へは、石垣島の南にある石垣港離島ターミナルから出港しています。八重山諸島とは、石垣島をはじめ、竹富島・小浜島・黒島・鳩間島・波照間島・新成島(パナリ)・西表島・由布島・与那国島から成ります。

島にはそれぞれの魅力があり、八重山諸島を巡るツアーなんかもあるので、八重山が初めてという方にもおすすめ。

オレンジの屋根が美しい竹富島

竹富島は八重山諸島の中のひとつで、石垣島からも目の前に見える、外周約9kmしかない小さな島。

きれいな海と美しい町並み、きれいなビーチ、水牛でのんびり観光したり、美味しいおそば屋さんなどもあります。のんびりした雰囲気で、日常を忘れて過ごすことができますよ。

この竹富島へは高速船で10分ほどで渡ることが出来ます。高速船は朝7:30から最終便の18:00まで1日に何便も出ているのでとっても気軽に行くことが出来ますよ。(基本30分間隔だけど、お昼前後は1時間ごと)フェリーだと約30分かかります。

 

石垣港離島ターミナルへのアクセス

石垣港離島ターミナルは市街地にあるのでとっても便利な立地。ちょっと時間が空いた・・・という時にも、10分で行ける竹富島はもってこいの観光地なんです。

新石垣空港から離島ターミナルまでは車で約30分。タクシーだと大体3,000円くらいかかります。もし時間に余裕があるのであれば、路線バスの利用をおすすめします。

【石垣島一人旅】沖縄にハマるきっかけになった石垣島でもご紹介しましたが、路線バスだと約45分で540円です。時間はさほど変わらないし、安く済む路線バスの方が断然おすすめ!

さらに、カリー観光が運営するバスなら新石垣空港ー離島ターミナル間を直通で結んでいるので便利ですよ。約30分で500円とさらにお得です。

 

離島ターミナルの駐車場

レンタカーで離島ターミナルへ行く場合、駐車場のチェックも忘れずに。

 台数離島ターミナルまでの距離料金
第一駐車場136台 ー1時間100円(以降30分毎に50円
20:00~8:00は1時間毎に50円
八島第二駐車場200台徒歩10分
市役所第二駐車場73台徒歩7分
新栄公園駐車場59台徒歩5分1時間200円(以降30分毎に50円
20:00~8:00は1時間毎に50円

※第一駐車場の西側にも駐車場があります。(紫色)

やっぱり離島ターミナルから近い駐車場は満車状態が常ですが、八島第二駐車場は大きいので満車になることは少ないみたいですよ。

 

離島ターミナルの施設

離島ターミナルの中は結構広くて、トイレはもちろんお土産屋さんや飲食店もあるので、船の出発時刻までの待ち時間もお土産見たりしながら過ごせます。

日帰りで離島へ遊びに行く時に困るのが大量の荷物。コインロッカーもありますが、チケット売り場のデスクでは有料で預かってくれるので、こちらに大きい荷物を預けていきましょう。

すぐ目の前には各離島への船が発着する桟橋があります。ここには具志堅用高さんの銅像もありますので記念撮影してってね。

 

チケットってどうやって買うの?

八重山諸島への高速船のチケットは、離島ターミナル内にあるチケット売り場で買うことができます。

カウンターには、「八重山観光フェリー」・「安栄観光」・「石垣島ドリーム観光」の3つの船会社と、「平田観光」のデスクが並んでいます。

私は昨年行った時にはいったいどこでチケットを買ったらいいか分からずオタオタしてしまいましたが、実はこのデスクでもチケット購入することができるんです。たとえば八重山観光フェリーのデスクで買っても、安栄観光の高速船に乗ることが出来ます。不思議ですね。

また、各会社で色んな八重山のツアーを開催してますので、色々見てみてくださいね。

 

事前予約もできる

チケットは事前に各船会社HPからネット予約することができます。竹富島の便は満席になっても30分後に次の便が出るのでまだいいですけど、波照間島など遠い離島へ行くときには便数もすくないので予約は必須ですよ。

また、高速船は天気の影響を受けやすいので注意が必要です。行ったはよいが帰りの便が欠航になって飛行機に間に合わなくなったということにならないように、事前にデスクで確認しておきましょうね。

 

 

竹富島へ出発

さて、いよいよ出発です。自由席なので、出発時間の数十分前からすでに行列ができています。酔いやすい人は後方の席に座った方がいいので、早めに行って並んでおいた方がいいかも。

船に乗ったと思ったらすぐに竹富島に到着です。今回、レンタサイクルで竹富島を観光しようと思って、レンタサイクルを予約。そのお店のお迎えが港に来ているはず。港の一角に送迎のバスが沢山停まっているのですぐ分かると思います。

あの一角がウェルカムゾーンですね(笑)

 

 

レンタサイクルのお店

竹富島は小さな島でアップダウンはほとんどないので、レンタサイクルでのんびり周遊するのがおすすめ。レンタサイクルできるお店が何店舗かあります。

 

【レンタサイクル竹富島】

住所:八重山郡竹富町竹富718

電話:0980-84-5988

営業時間:8:00~17:30

料金:1時間300円、1日1,500円

<マウンテンバイク・ギア付き自転車>1時間400円、1日2,000円

 

【丸八レンタサイクル】

住所:八重山郡竹富町竹富523

電話:0980-85-2260

営業時間:8:00~17:30

料金:1時間300円、1日1,500円

<電動アシスト>1時間500円、5時間~当日限り2,500円

 

【新田観光】

住所:八重山郡竹富町竹富97

電話:0980-85-2103

営業時間:08:30~17:00

料金:1時間300円(30分毎に150円)、最大1,500円

<水牛車>大人1,200円、小人600円、所要時間30分、9:00~16:00

 

【竹富観光センター】

住所:八重山郡竹富町竹富441

電話:0980-85-2998

営業時間:8:30~17:30

料金:1時間300円

<水牛車観光>大人1,200円、小人600円、幼児(2歳以下)大人1名につき1名無料

 

【友利観光】

住所:八重山郡竹富町竹富524

電話:0980-85-2305

営業時間:8:00~17:20

料金:1時間300円、1日1,500円

<2人乗り>1時間600円、1日3,000円

<電動アシスト>1時間500円、1日2,500円

<タクシー有り>

スポンサーリンク

今回わたしは丸八レンタサイクルさんに予約していました。送迎の車でお店まで行き、受付をして出発です。竹富島の観光マップをくれたので、その地図を見ながら散策することに。

竹富島の集落内にはサンゴ砂が敷き詰められていて、所々砂が盛り上がったりして自転車の足をとられることがあるので、こけないように気を付けてくださいね。

 

竹富島の名物水牛車

島内を散策していると、可愛い水牛に会えますよ♪ 水牛車で島内を観光できるツアーもあるので是非参加してみてね。

 

竹富島の美しい町並み

   

 

 

オレンジの屋根瓦と青い空のコントラストが素晴らしい!竹富島の楽しみ方のひとつが、屋根の上にいるシーサーを探すこと。とっても個性的なシーサーがいますよ。

シーサーには魔除けの意味があって、家や人、村に災難が起きないように守ってくれるんですよ。

そしてこの白く眩しい路地の砂は、サンゴ砂です。海岸から島民の方が持ってきて敷き詰めて毎日きれいにして竹富島の美しい景観を維持しているのだとか。観光客に喜んでもらいたいというおもてなしの心が嬉しいですね。

 

夕日がきれいな西桟橋

まず向かったのは、集落から西へ行った海岸にある西桟橋です。ここには海へ桟橋が延びていて、ここから見る夕日がきれいなことで有名です。泊りで来た時には是非ウットリしてください。

桟橋の上からは、すぐ下にトロピカルなお魚たちが泳いでいるのが見えます♪

 

遠浅のビーチが美しい「コンドイ浜」

そして次に向かったのはコンドイ浜。西桟橋からそのまま南へ道をまっすぐ進みます。ちょっと上り坂だったような気がします。ママチャリでもなんとか頑張って行けると思いますよ。

ビーチの入口に大きな気が立っていてトンネルのようになってます。

ビーチの砂が真っ白で海もとってもきれい!この日は11月でしたが、曇っていた空に太陽が出てきて暑くなってきたので、泳いでいる人もいました。海の向こうには西表島などを見ることができます。

遠浅なので海がきれいな水色。砂は所々サンゴのかけらが混じっているのでビーチサンダルを履いた方がいいですね。ヤドカリさんもいましたよ。

 

【コンドイビーチ】

施設:トイレ・シャワー・屋根のある休憩所

売店:夏の時期のみ

遊泳:無料

 

いくつ見つかるかな?「カイジ浜(星砂の浜)」

さて、しばらく休憩して出発です。先ほどの道をさらに南下していくとカイジ浜があります。

ここは潮の流れが激しい為遊泳禁止ですが、別名星砂の浜とも言われていて、運が良ければ星砂を見つけることができるスポットなんです。お土産屋さんなどで小瓶に入ったものを見たことがあると思いますが、一見普通の砂ですが星の形をしている、あれです。

星砂とは、実は有孔虫という生物の殻で、星の形をしているために星砂と呼ばれています。見つけた星砂は持ち帰ることができるので、いい思い出になりますよね。なのでこのカイジ浜に行くと、海のきれいさそっちのけで皆しゃがんで地面とにらめっこしてます(;^ω^)

1ミリくらいの大きさなので、本当に見つけるのは困難。手のひらを砂に押し当てて、手のひらについた砂の中から探すと見つけやすいんだって。

でも個体数自体少なく、この膨大なビーチの中から見つけ出すのは至難の業。よっぽど運が良くないと!私は残念ながら見つけられませんでした。

だからといって、砂ごと持って帰って後でゆっくり・・・なんてのはタブー。禁止されています。マナーは守りましょうね。

 

のどかなカフェ「パーラーひまわり」

のどかな道をのんびり集落の方へ向かって行きます。

ノドが渇いたぁ~と、立ち寄ったのは「パーラーひまわり」です。アイス、ドリンク、軽食もあります。ここでいったん休憩。

ふぅぅ~、生き返る♪ 屋外のテーブルでしたが、いい風が吹いて気持ちがいい♪何度も通いたくなるアットホームなかんじのお店でした。

【パーラーひまわり】

営業時間:10:30-16:30

定休日:不定休

 

絶景の景色「なごみの塔」

さて、冷たいもので復活したところで集落へ戻ってきました。なにやら塔のようなものが。人だかりができています。

これは小さな展望塔で、竹富島を360度見渡すことができるんです。国の登録有形文化財に指定されています。高さ約6mの「あか山丘」という丘の上に約4.5mの塔なので、合計で約10mの高さになります。

行列ができていましたが、これは登らないわけにはいきません。階段はとても急で幅もとっても狭いのでめちゃくちゃ怖いです。降りる時の方が怖いです。頂上は2,3人がやっとの狭さだし。そしてここからの景色がこれ!

いいでしょ~♪ 最高ですね♪ しかし、驚くニュースが。このなごみの塔、2016年9月17日から登降禁止になっていたんです。(わたしが登ったのは2015年11月)

塔は1953年に建築されたもので老朽化により崩れてしまう可能性があるため、安全のための措置だそうです。今のところ補強は修理などの予定は立っていないようです。

竹富島には他に高い建造物がないので、パノラマの景色が見られなくなったのはとっても残念です(´;ω;`)

 

竹富島のグルメ「やらぼ」

竹富島の眺めを堪能したところで、時刻はお昼時。知人からおすすめされていたお店に行ってみることにしました。

知人のおすすめは「海老そば」だったんですが、時期でなかったようでメニューになかったので、シンプルに八重山そばを注文。

あっさりしていてとっても美味しかった♪ 量もちょうどよかったです。

【やらぼ】

営業時間:11:00~16:00

定休日:不定休

 

まとめ

確か、竹富島滞在時間は5時間くらいだったと思います。この日に飛行機乗らないと行けなかったので結構駆け足でしたが、とっても楽しめました♪

ママチャリでのんびり散策、真夏だとちょっときついですが、そのへんは電動自転車でカバーして(;^ω^) 日差しは強いので日焼け対策はしっかりしてくださいね。

竹富島には宿泊施設もあるので1泊して夕日を眺めるもよし、星空だってきっときれいですよ♪よい休日をすごしてくださいね(^-^)

 

【今回のルート】

AからBは送迎、BからHは自転車です。

【所要時間】

集落~西桟橋 約2分

西桟橋~コンドイ浜 約5分

コンドイ浜~カイジ浜 約4分

カイジ浜~集落 約10分

 




Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です