おごと温泉|湯元館の超豪華な「はなれ葭蘆葦」に宿泊

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 11 分で読めます。

 

母と二人旅行で滋賀県おごと温泉の「湯元館」に宿泊しました。

今回なんと、平成25年7月にオープンしたという「はなれ葭蘆葦(かろい)」を母が予約してくれました(^^)/ 別館で、全10室に露天風呂がついてるそうです。よくやった!母!

この日は京都で観光をし、ここ、滋賀県大津市までやってきました。観光で結構歩いたのでクタクタだったのですが、お宿に着いたら疲れが吹っ飛び(*^▽^*) とっても素敵な旅館だったので紹介します♪

 

ここがすごい!「はなれ葭蘆葦(かろい)」の魅力

旅館の送迎バスで「おごと温泉・湯元館」に到着。

向かって右側にある棟が、今回宿泊する「はなれ葭蘆葦(かろい)」です。

p1120354

ホテルの前に駐車場があります。雨の日でもちゃんと誘導してくれるので安心ですね。

p1120355

 

ロビーのおもてなし

ロビーの雰囲気はちょっと照明落とし気味の落ち着いた雰囲気で、装飾とかお花の飾り付けとかがすごく素敵です。

ロビーの様子。ロビーの前の廊下にはパソコンが置いてあって、自由に使えますよ。

p1120219

 

ロビーの奥には池があり、池の向かい側には喫煙ルームがあります。

p1120212

階下にはゲームセンターがあるみたいなので、お子さんも喜びますね!

p1120214

p1120215

入口のすぐ近くにお土産屋さんがあり、宅急便などの利用はここでできます。

p1120217

落ち着いた雰囲気のロビー。注文すればドリンクも飲めるようです。

p1120283

 

はなれ葭蘆葦専用ラウンジがすごい

そして案内されたのが、別館の「なはれ葭蘆葦」の専用ラウンジ

p1120222

ウェルカムドリンクの抹茶ティー?と、栗のお菓子。この栗のお菓子がとても美味しかったです!

p1120232

ソファーで景色見ながらくつろげます。p1120227

マッサージチェアもあるんですよ~。旅の疲れも癒せます(*´ω`*)

p1120229

女子には特に嬉しい、浴衣が選べるシステム(^-^)

テンション上がります!
p1120231

すごーい!ドリンク飲み放題!

p1120226

p1120224

葭蘆葦の客室は、団体客は利用できなかったり、お子様のご利用不可などの制約があるみたい。

お客様が静かに、ゆったり過ごせるようにとの気遣い。とことんお客様が気持ちよく過ごせる環境づくりを追及してますね。

チェックアウトとチェックインはこのラウンジで出来ます。チェックアウト時にどうしても混み合う、ロビーでの手続きがないのはいいですよね。

 

露天風呂付の素敵なお部屋

部屋の設備・アメニティ

抹茶のドリンクを飲んで一息ついたら、お部屋へ。

私たちのお部屋は6階の角部屋でした。

中に入ると、広い玄関に右手に洗面所、左手にお手洗い、奥のお部屋は・・・モダン和室なお部屋にベッドです。テーブルと椅子もあって、大きい窓はベランダに続いていて琵琶湖が見えて景色もサイコー!

p1120233

押入れには、バスローブと金庫もあります。

アメニティグッズも充実。1泊なのに、タオルが沢山準備してあったし、いい香りのシャンプーやボディクリームまであります。私は母の分ももらって帰っちゃった( *´艸`)

p1120246

 

解放感たっぷりの露天風呂

それになんといっても部屋のベランダにある露天風呂。

檜風呂です♪早く入りたい!

p1120236

p1120346

ただ気になるのが、6階とはいえど廻りの建物から見えそうなんだよね。

格子が少しあるくらいでほとんどむき出し状態なんだもん(;^ω^) どうしよう、こんな丸見えなんだったらよう入らんわぁ~(>_<)

あと、シャワー室が変わっていて、ガラス張りになっていて、洗面上からは丸見え。外からも見えそう(;^ω^)

ベランダの露天風呂へ、シャワー室から行き来できるようになってます。そちら側もガラス張りなので、気になるひとは気が気じゃないかも(;^ω^)

p1120245

そろそろ周りも薄暗くなってきたから、遠くからは見え辛いだろか?大丈夫か?

低姿勢からひょいっと湯船に入る。あ~~いい湯加減!極楽極楽(*^▽^*)

目の前に琵琶湖。夕方から曇りだして雨も降りだしているのが残念だけど、とても気持ちがいい♪

スポンサーリンク

そしてしばらく楽しんだ後、低姿勢で湯船から出る(笑)

 

足つぼマッサージでスッキリ

さて、夕飯に行く前に予約した足つぼ行きますか♪

大浴場手前の湯上りコーナーの一角に足つぼコーナーがセッティングしてありました。

足先だけなので普通の私服で、足が出せればOKです。

p1120280

結構本格的な足つぼマッサージで、超痛かったです。母は平気そうでしたけど( ゚Д゚)

 

豪華な夕飯!見てるだけでお腹いっぱい!

さあ、気を取り直して次はお待ちかねの夕食。

こちらも葭蘆葦専用のレストランで、半個室みたいになっています。ガラスに描かれた絵がとても素敵。

p1120333

まずはビールで乾杯!ぷはー!めっちゃくちゃ美味しい♪

料理はもちろん、料理長が器にもこだわっているらしく、可愛らしい器に盛られた美味しい料理で大満足でした。デザートなんて、何品も出てくるし。こんな贅沢いいのかしら(*´ω`*)

p1120285

p1120295

テーブルの横で炊き上がる土釜ご飯(新米こしひかり)は滋賀県湖北産だそう。

粒が気持ち小さめで、芯がうっすら残っているいい感じの炊け具合。とっても美味しかったです。

 

食後は気軽に足湯でまったり

はなれ葭蘆葦の専用ラウンジからベランダへ出ると・・・そこにはなんと、足湯があるんです!

夕食後は、この足湯でまったりしました(*´ω`*)

p1120260

p1120317

しばらく母と足湯でくつろいでいると、男性がベランダにやってきて、タバコを吸い始めたので退散することに。

ビックリしたのですが、ここはなんと喫煙所のようで、灰皿も置いてあります。ゆったりくつろげる場所が喫煙所になっているなんて・・・このホテル唯一の残念なところでした(>_<)

 

〆のお風呂

部屋へ戻ると再び露天風呂へ。もう外は真っ暗なので、ベランダの電気を点けずに気持ち低姿勢で湯船へ。

雨に濡れて光る車のライトと夜景がとても綺麗で、シトシト雨の音を聞きながらしばらくたそがれてました。

翌日も、朝食までの間にもう一度露天風呂へ。またもや低姿勢で入っちゃいました。極楽極楽(*´ω`*)

 

朝食も豪華

昨夜の足つぼマッサージが効いているのか、翌朝は二人とも元気に起床。

朝食は昨夜と同じレストランで、朝から沢山の料理が用意されています。

p1120334

p1120341

焼き魚は、昨夜の晩御飯のときに選択したお魚でした。自分で食べたいお魚が選べるなんて、斬新なサービスです。

スープは味が濃かったかな。全体的に塩分多めな感じ。すべて美味しかったけど、個人的にはもう少し薄味でもいいかも。やっぱり、白米が一番美味しかった(*‘∀‘)

「赤こんにゃく」なるものを初めて見たし、食べました。見た目はレンガのかけらのような・・・プニプニしてます。

p1120335

 

 

大満足の星5つ!★★★★★

部屋へ戻り、荷造り。専用ラウンジでチェックアウトの手続きをして送迎バスへ乗り込み、帰路につきました。

湯元館、すっごい贅沢なホテルでした!はなれ葭蘆葦、最高♪ このホテルはきっとリピーターが付くでしょうね!(^-^)

 

日帰りプランでリーズナブルに滞在

なんと、お気軽に日帰りプランも利用できるみたいですよ~!

昼食のみ、夕食のみ、昼食+夕食などのプランがあります。

昼食+夕食なら、11:00~21:30の間、客室を休憩室として利用できるみたい。これなら十分旅行気分味わえますよねぇ(*‘∀‘)

温泉も別料金で利用可能、貸切風呂も利用できるみたいですよ~。是非利用してみてくださいね!

※詳しくはおごと温泉湯元館ホームページ<日帰りプラン>をご覧ください(^^)/

 

おごと温泉・湯元館の詳細情報

住所:〒520-0102 滋賀県大津市苗鹿2丁目30-7

電話:077-579-1111

アクセス:

【車】・名神京都東ICより西大津バイパス(161号バイパス)経由 両ルート共約20分

・名神栗東ICより琵琶湖大橋経由で約35分

【列車】◎事前の連絡で下の各駅まで送迎あり

    <普通電車ご利用の場合>

・JR京都駅~JR湖西線~おごと温泉駅(約20分)、おごと温泉駅より車5分(約1.5km)

    <新快速ご利用の場合>

・JR大阪駅~JR湖西線新快速~比叡山坂本駅(約50分)、比叡山坂本駅より車10分(約2.5km)

 

周辺で観光するなら

今回わたしたちは、京都から滋賀県大津市まで比叡山を超える旅をして、この湯元館で宿泊しました。ロープウェーやケーブルカーを乗り継ぎ、のんびり景色を眺めながらの旅、おすすめですよ。

その様子は お得な「比叡山横断チケット」で行く乗り物の旅!映画のロケ地にもなった比叡山を周遊しよう!tripnote)をご覧ください♪

《更新:2017年3月18日》

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です