この味、クセになる。DrPdpper(ドクターペッパー)

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 4 分で読めます。

 

沖縄へ来たら、是非飲んでほしいジュースがあります。

パット見、コーラのようなデザインのジュース「DrPepper」。

缶は350ml、500ml、ペットボトルの500mlがあります。

このドクターペッパーはアメリカで生まれた飲み物で、医師のペッパーさんの名前から名づけられたそうです。ペッパーさんが開発したわけではなく、開発者の義父のペッパーさんからとったのだそう。

日本ではあまり流通していないらしく、静岡県や沖縄県くらいしか見られないみたいです。

私は沖縄へ来て初めて見ました。自動販売機や、スーパーなどで普通に陳列してある、一般的に飲まれているジュースのようです。アメリカの方が沢山いる沖縄には定着しやすかったのかもしれませんね。

私が初めてこの飲み物と出会ったのは、沖縄で勤めていた会社。

3時休憩のときに、「今日は暑いから冷たいものにしよう、自販でドクターペッパー買ってこよう♪」と先輩が。

「ドクター・・・ペッパー・・・???く、薬なのか???」

その怪しげなネーミングに、ものすごく抵抗を感じたのを覚えています(笑)

コップに開けてみると、見た目はコーラみたいで、炭酸が入っていてシュワシュワっとしています。

美味しそうに飲む先輩。

恐る恐るひと口。

う・・・うまくはない・・・

香りは独特。「20種類以上のフルーツフレーバー」が配合されているらしいので、その香りなのか?

スポンサーリンク

コーラ―ほど炭酸がきつくないのが拍車をかけているのか、甘さが結構後を引きます。

味を例えるなら、「杏仁豆腐」。

この独特な飲み物が本土では見たことがないと言うと、不思議がっていました。

味の感想を求められたので、正直に「まずくはない、飲めなくはないけど、買って飲むほどではないかなぁ」と言うと、笑ってました(;´∀`)

その後、何度か休憩時にドクターペッパーを飲む機会があり、気が付くと普通にグビグビ飲んでいる自分に気が付いた。

先輩に、「これ、意外と好きかも。クセになりますね」と言うと喜んでました(笑)

 

その後2月に入り、買い物へ出たら暖かかったので、喉が渇いたので何か冷たい飲み物を・・・と思ったときに思わずドクターペッパーを買ってしまった(;^ω^)

ペットボトルはキャップが閉めれて便利~。どうせ一気には飲み切らないし♪

 

味は薬っぽいし、炭酸も微妙に弱いし、甘いし、決して美味しくはないのですが、本土でなかなか手に入らない飲み物「ドクターペッパー」、沖縄へ来たら是非探して試してみてください。

3度目くらいには、きっとクセになっているはず(笑)

 

通販で、グミやTシャツ、ウッドサインなんかも発見~♪グッズがあるなんて、やっぱりアメリカではメジャーな飲み物なんですね~。
 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です