値上がりしたはがき(52円→62円)2018年の年賀状を52円で出す方法

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 4 分で読めます。

 

 

2017年も残りわずか。

皆さんはもう年賀状の準備はお済みですか?

最近では、手紙や年賀状などを送ることも少なくなってきていますが、年賀状くらいは気持ちを込めてきちんと送りたい、という方もいらっしゃるでしょうね。

しかし、郵便局で発行されているはがきの値段が、2017年6月1日から52円から62円に値上げされたのをご存知ですか?

1枚10円も値上がりとなると、結構イタイですよね。

決まったことなのでしかたないですが、2018年の年賀状はまだ52円で出せるチャンスがあるんですよ。

 

52円で出せる期間

↑2017年11月初旬に購入したら、まだ52円のままでした。犬のデザインが可愛いですね♡

 

はがきの値段が値上がりしていますが、2018年の年賀状を出すにあたって、期間限定で値上がり前の52円で投函することができます

その期間は、2017年12月15日(金)~2018年1月7日(日)です。

 

期間外の投函は62円

1月8日以降は、年賀はがきにプラス10円切手を貼って62円にして投函しなくてはなりません。忘れないようにしてくださいね。

12月14日以前に投函する場合も、同様に62円にする必要があります。

ありがたいシステムですが、こちらから投函するのは間に合いそうですが、年明けに追加で出したりするときにはあまり猶予がなくて焦りますね(;´Д`)

スポンサーリンク

のんびりおもち食べてお酒飲んでしてるヒマはありません。早めに作業したほうがよさそうです。

 

私製はがきの場合

「私製はがき」とは、郵便局が販売していないはがきで、切手を貼ってださないといけないもの。

コンビニとか、お土産屋さんとかで売っている、あれです。

極端な話、はがき大の画用紙に切手を貼れば、私製はがきになります。

この私製はがきで2018年の年賀状を出すときも、期間中は52円で投函可能です。

その際は、貼り付けた52円切手の下に年賀」という文字を朱色で必ず書いてくださいね。

この「年賀」の文字がなければ、期間中に投函しても62円必要ということになりますのでお忘れなく。

 

まとめ

2017年6月から、52円→62円へ値上がりしたはがき。

年賀状は出す枚数も多いので、少しでも節約したいですよね。

2018年の年賀状に関しては、2017年12月15日(金)~2018年1月7日(日)の期間中の投稿分は52円でOKですが、期間外の投函は62円の扱いになるので、注意が必要です。

早めの準備で、少しでも安く投函できるようにしておきましょう(^^)/

 

<<年賀状の準備はお済みですか?>>

オンラインで年賀状が作成できる「【しまうまプリント】インターネットで年賀状プリント」なら、デザインのバリエーションも豊富で自分好みのオリジナル年賀状を作ることが出来ますよ♪

詳しくはこちらから♪ ☞年賀状プリントなら【しまうまプリント】簡単・便利!早割でお得!

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です