冬の沖縄おすすめスポット【熱帯ドリームセンター】沖縄国際洋蘭博覧会も開催

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 7 分で読めます。

 

意外と寒い沖縄の冬。

そんな冬の時期、ぬっくぬくの温室でのんびりとお花の鑑賞はいかがですか?

沖縄北部にある「海洋博公園」の中、人気の美ら海水族館に隣接している「熱帯ドリームセンター」には、広々とした園内に珍しい熱帯果樹が見られる「果樹温室」や、熱帯の水生植物が見られる「ビクトリア温室」などの温室などがあり、暖かくて大きな温室の中で、沢山の果樹や花たちを鑑賞することができます。

園内にアップダウンはほとんどなく、ゆっくりと花々を鑑賞しながら歩けば最短距離で約30分、もう少し足を延ばして約1時間の所要時間で回れます。

そして特におすすめなのは、2月に開催されるイベント「沖縄国際洋蘭博覧会」です。

蘭愛好家たちによる素晴らしい作品が並び、受賞作品なども数多く展示されています。

わたしは2017年にバスツアーでこの洋蘭博覧会に行ったんですが、そのスケールの大きさに圧倒され、色んな種類の蘭の美しい共演に感動しました。

 

2017年の洋蘭博覧会の様子

2月でも、沢山の花が咲いていました。奥の方に、大きな温室が見えます。

 

熱帯ドリームセンターのシンボル的な渦巻き状の塔。高さ36mもある「遠見台」です。

 

センター奥にある「回廊」。ここはディスプレイ展示会場になっていて、趣向を凝らした蘭がきらびやかに、迫力満載で並んでいました。

 

暖かい温室の中には、蘭がいっぱい♪

 

「内閣総理大臣賞受賞ラン」の蘭は、バランスや色合いが素晴らしく、本当に美しかったです。2018年は、どんな素晴らしい作品が登場するのでしょうか?

 

沢山ある蘭の中から、自分のお気に入りを探してみてください。私はこのピンクの柔らかなランが一番のお気に入りです♪

 

そして、一番のフォトスポットは何といってもここでしょう。蘭のトンネル!

すみません、場所は忘れてしまったのですが、確かセンターの入口寄りにあったと思います(;^ω^)

 

蘭を飾り付けしている場面にも出会えました。

 

スポンサーリンク

私が訪れた時にはピークを過ぎていましたが、チューリップも可愛く咲いていました♪

温暖な沖縄でチューリップが見られるのは珍しいんだそう。そういえば、自生しているチューリップを見かけないなぁ。熱帯ドリームセンターでは、球根をわざわざ冷蔵して花を咲かせているんだそうです。

例年では、色とりどりのチューリップ畑は1月半ば頃から1月末頃が見頃のようです。洋蘭博覧会と合わせて楽しめると2倍幸せですね!

 

蘭の販売もしていたので、お土産に是非どうぞ(^^)/

 

日帰りバスツアー・関西発着プランあります

【那覇発バスツアー】

那覇から、楽々バス移動!人気の古宇利島や琉球村も回れて満足な日帰りバスツアーもあります♪

リウボウ旅行サービス 日帰りバスツアー

 

【関西発着プラン】

関西発着のプランもあります。

クラブツーリズムの画面右上にある「コース番号検索」の蘭に、伊丹空港発着なら「85828」-「997」、関空発着なら「85829」-「997」と入力し、「検索」します。

2月の時期に咲く桜の景色や、美ら海水族館も一緒に楽しめるプランです♪

ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムの関西発バスツアー

 

 

【熱帯ドリームセンター 詳細】

住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424番地

問い合わせ:0980-48-3624

開園時間:10月~2月 8:30~17:30(入館締切17:00)、3月~9月 8:30~19:00(入館締切18:30)

所要時間:30分~1時間

入館料:大人690円、小人350円、6歳未満無料

※沖縄美ら海水族館チケット提示で入館料半額

アクセス:<車>那覇空港より約1時間50分

<バス>やんばる急行バス、高速バス117系統、空港リムジンバスで那覇空港より「記念公園前」で下車

熱帯ドリームセンターURL:http://oki-park.jp/kaiyohaku/inst/38

2018年の洋蘭博覧会の様子はこちら☟ チューリップ満開♡

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です