咲いてるかな?那覇美らさくらまつりが開催される【漫湖公園】でお散歩

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 5 分で読めます。

 

那覇市にある、県内最大級規模の湿地帯「漫湖」。

この漫湖に沿っている長~い公園が、「漫湖公園」です。

今年もこの漫湖公園ではさくらまつりが開催されます。2018年の開催は2月10日、11日。

沖縄で咲く桜「寒緋桜(かんひざくら)」は、沖縄県の北から徐々に南下しながら開花していきますが、2月7日現在、どのくらい開花が進んでいるかなぁ?見に行ってきました。

 

ゆいレール「壷川駅」で降りて、南方面へ進むと公園が見えてきました。

湖沿いには遊歩道が伸びていて、お散歩やジョギングをしている方が沢山います。

公園内には遊具や東屋などがあって、親子連れの方たちがのんびりと過ごしていました。

 

あ、あれは、湖の対岸にあるクジラですね~。先日「漫湖水鳥・湿地センター」へ行く途中で近くで見ました。

 

あの白い橋は、とよみ大橋。

 

少しだけ、ガジュマルも見ることができます。

 

あ、遊歩道沿いに桜が。

木によってまちまちですが、ほぼ満開の木もあれば、ほとんどツボミの木も。

新たに桜が植えられています。大きく育ってほしいですね~。

 

おっと?なんか動いてると思って見てみると、顔の赤い鳥が。

この鳥は「バリケン」というカモ科の鳥。首里城近辺でも見たことがありますが、この鳥を見るとガッチャマンを思い出すのは私だけでしょうか?

 

遊歩道沿いにはメジロがやたら沢山いて、お散歩中の園児たちと一緒にバリケンを見ていたら、メジロにフンを落とされました・・・。保育園の先生がウェットティッシュで拭いてくれました。ありがとー(泣)

園児たちが、心配そうに顔を覗き込んできていました(笑)

メジロ、可愛い顔してやってくれるなぁ~( ;∀;) 皆さんも気を付けてくださいね。

 

スポンサーリンク

人懐こいイソヒヨドリも沢山いました。

 

あ、なんだろうあの緑のモフモフは?

モフモフの通路がありました。

モフモフ通路の端には、とっても大きな樹が。樹齢何年なんなんでしょうか?立派です。

 

樹木に囲まれて、少しコンモリとしたところに大きな樹が。なんだか公園の主のよう。

 

遊歩道沿いの花壇には、ハイビスカスなどの花がきれいに咲いていました。

 

緑いっぱいの漫湖公園。ジョギングやウォーキングができる遊歩道もあって、お散歩にはちょうど良いかんじです。端から端まであるくと結構距離があるので、いい運動になりますよ~。

お花も沢山植えられているので、楽しみながらお散歩できるのでおすすめです♪

さくらまつりにも是非ご参加くださ~い。

 

【那覇美らさくらまつり 詳細】

会場:漫湖公園 古波蔵側中央噴水広場/沖縄県那覇市古波蔵3-23-1

問い合わせ:098-853-3554(漫湖さくらまつり実行委員会事務局)

開催日:2018年2月10日(土)、11日(日)

開催時間:10日/10:00~19:00、11日/10:00~18:00

入場:無料

アクセス:ゆいレール「奥武山公園駅」または「壷川駅」から徒歩約13分

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です