沖縄・電気の周波数は大阪と同じ60Hz/変圧器は要りません

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 6 分で読めます。

そういえば、大阪から沖縄へ引っ越してくるときに母と電話していて、「冷蔵庫はとりあえず持っていこうと思う」などと話していたら、「今持ってる電化製品は沖縄で使えるの?」と心配していました。「どういうこと?変圧器いるんじゃないかってこと?いやいや、海外じゃないんだから~(笑)」とつっこんでいたんです。

が、沖縄へ来て何かの拍子に電気のこと考えてたら、恐らく母はあのとき言いたかったのはこのことではないかと思いました。電化製品の後ろとかによく記載されている部分に書いてある、周波数 Hz(ヘルツ)です。

普段生活している中ではあまり気にしないことですが、引越しや旅行の際には少し気を付けた方がいいですよ。

 

電圧:v(ボルト)

まず、参考までに電圧V(ボルト)の説明から。

世界的に見ると低いらしいのですが、日本全国どこでも100vです。他の国で見ると台湾は110v(60Hz)、韓国は220v(50Hz)、北米アメリカ120v(60Hv)、ドイツ230v(50Hz)と国によってさまざまですが、ほんとに日本は一番低いですね。

海外旅行などへ行く時にはこの電圧の違いのために、変圧器が必要な場合がありますよね。

 

周波数:Hz(ヘルツ)

電力会社から家庭用に供給されている電気は、規則正しく大きくなったり小さくなったりしている「交流」で、これを表にすると波のようになります。

1秒間に繰り返されるこの波のことを周波数(Hzヘルツ)といって、この波の数が50回なら50Hz、60回なら60Hzとなります。

ちなみに携帯ラジオなどは「直流」で常に一定の大きさの周波数です。

 

日本には2種類の周波数がある

そして、日本には周波数が2種類あるんです。これって世界的に見ても珍しいことらしいそうです。

なぜ2種類の周波数を使っているのか、それは明治時代までさかのぼります。日本では明治時代に電気事業が始まりました。そのときに発電機を海外から輸入してきたのですが、東京はドイツ製の発電機、大阪はアメリカ製の発電機をそれぞれ輸入したのです。

そう、先にあげた海外の周波数でドイツは50Hz、アメリカは60Hzでしたよね。それで日本には2種類の周波数が存在することになったんです。てゆうか、東京と大阪で最初に打ち合わせしなかったのかねぇ(;^ω^) 仲悪かった?

途中で統一しようと話し合いがあったらしいのですが、結局現在まで2種類のまま。

 

スポンサーリンク

50Hz・60Hzの境目はどこ?

じゃあ、その2種類の境目ってどこなの?ってなりますよね。それは、「静岡県富士川」と「新潟県の糸魚川」を結んだ辺りが境目です。ここから東側が50Hzの地域、ここから西側が60Hzの地域です。

 

混合している地域があるので注意

その境界線が「新潟県の糸魚川」、「静岡県の富士山」という風に大雑把にしか設定できないため、さすがにくっきり「はい、ここからこっちは60Hz~、こっちは50Hzね~」とはいかないようで、新潟県(東北電力)、群馬県(東京電力)、長野県(中部電力)の一部は60Hzと50Hzが混合している地域があるようです。この境目あたりに引越し予定の方は各電力会社に確認しましょう。

 

ほとんどの電化製品は対応可能

では例えば、東京から大阪へ引っ越す場合、今まで使用していた50Hzの電化製品は大阪では使用できないのでしょうか?全部買い替え?それは大変!

ところが、そのへんはよくできているもので、最近の電化製品のほとんどは50Hz、60Hz両方に対応しているんですって。

身近な電化製品を見てみてください。「50/60Hz」て書いてあるでしょ?なので、日本で使用している分にはどこで使っても問題ないです。

 

周波数が合っていないと不具合の可能性も

ただ、昔に製造されたものとかだったら、どちらか一方だけの周波数になっているものもあるかも。その場合違う周波数で使っていたら不具合が起きたり、壊れてしまったりする可能性もあるので、いちおう確認してから使用したほうがいいかもしれませんね。

中には周波数が違っても使用できるものもあるみたいなので下記の表を参考にしてみてください。詳しくはお近くの電気屋さんで確認してみましょう!

<50Hz専用・60Hz専用の場合>

そのまま使用できる機器テレビ・ラジオ・掃除機・トースター・電気こたつ・パソコン・ブルーレイレコーダー
そのまま使用できるが、
回転数や消費電力などの性能が変わる器機
冷蔵庫・扇風機・加湿器・エアコン
そのまま使えない器機電子レンジ・蛍光灯器具・洗濯機

 

沖縄の周波数は?

おそらく母が心配していたのはこの周波数のことなんだと思うんです。安心してください。以前私がいた大阪と今住んでいる沖縄は、同じ60Hzの地域です。

山口県から沖縄へ遊びに来るときには、今お使いの携帯充電器やデジカメの充電器も、父のヒゲソリもそのまま使えます。変圧器は必要ありませんのでご安心ください(^-^)

 

【関連記事はこちら】

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です