激ウマ「南ぬ豚ハンバーグ」!TVでも紹介された石垣島グルメ

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 7 分で読めます。

 

以前から気になっていた、沖縄県石垣島にある「やえやまファーム」の、「南ぬ豚(ぱいぬぶた)網脂ハンバーグ」をお取り寄せしてみました♪

この「南ぬ豚 網脂ハンバーグ」は、TV番組「マツコの知らない世界」で紹介され、注文や問い合わせが相次いでいるといいます。

今回は、お試しとして2個入りを注文してみました。

これが、想像していたより絶品!2個焼いたのですが、気が付いたらペロっといっちゃってました!


 

南ぬ豚ってなに?

沖縄のアグー豚と、西洋豚から生まれ、石垣島のパイナップルを使用した発酵飼料を食べて育った豚が、南ぬ豚です。

身が柔らかく、ジューシーな肉汁が豊富。

また、融点が低く、脂肪が口の中ですぐに溶けるのも特徴。それは、パイナップルを食べているからなんだって。

 

網脂ってなに?

「網脂」って、初めて聞くのですが、内臓の周りにある網状の脂で、カーテンのレースのようになっているものなのだそう。

これで包むことによって、旨みがとじこめられ、型崩れもしにくいのだとか。

 

届きました♪

注文より数日後。届いたよ~♪

ひとつずつ真空パックになっていて、冷凍されています。使いたい分だけ使えて便利です。

ひとつの重さは140g。想像していたよりも小ぶりな印象。

 

 

ハンバーグを焼いてみる

【美味しい焼き方】

①半日程度冷蔵庫で解凍

②少量の油をひいたフライパンで、両面を約1分ずつ中火で焼きます。

③少量の水(お酒でもOK)を加えてフタをし、弱火で両面を約5~6分ずつ蒸します。

 

真空パックから出すときは、用心が必要です。ふわっふわなので、崩れちゃいそう。そ~っと袋から出します。

これが、網脂か。白い網で包まれています。

 

余熱したフライパンへ。すぐにいい香りがしてきました♪

中火で少し焼いて、蒸すのですが、私は今回泡盛を投入。しかも、古酒♪

ジュー!っといい音がします♪

網脂で包まれているおかげで、型も崩れずいい感じにひっくり返せます。

しばらく焼いて、完成!

 

スポンサーリンク

食べてみた

では、ハンバーグ入刀。

ふわっふわなので、フォークがうまく入っていきません(汗)

うぉぉぉぉぉぉ~~~~! すっごい肉汁!!!

冷めないうちに、まずひと口。

・・・

・・・

・・・

超絶うめぇぇぇーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

これは、間違いなく、わたしの人生の中で一番旨いハンバーグです!

ハンバ~~~~~ッグ!!

とってもジューシーで、もっちもち。旨みがきちんと閉じ込められていて、お口の中でとろける♪

それと、もちもちしている網脂がユニークな食感を楽しませてくれます。

2個焼いて、ひとつは明日の晩に取っておこうと思っていたのですが、ついつい2個とも食べてもた(笑)

 

大阪でこの味を楽しめる

なんとこの南ぬ豚、大阪にある「旬穀旬菜」というレストランで、メニューとして楽しめるんだそうです。

美味しいハンバーグが、プロの腕でより一層美味しくいただけるなんて、夢のようですね♪

いつか行って食べてみたい~(*´ω`*)

住所:大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪 北館6階

電話:06-6359-3072

営業時間:ランチ11:00~15:30(LO14:00)、ディナー17:00~22:00(LO21:00)

定休日:年末年始

旬穀旬菜ホームページ

 

 

想像以上の美味しさに舌鼓♪

おいしそうだな~と思って注文したハンバーグですが、ここまでおいしいとは、想像以上でした!これはハマる!マツコデラックスが絶賛するのも分かります。

南ぬ豚 網脂ハンバーグ」は、2個入り、6個入り、10個入りと揃っているので、必要なだけ注文できるのも嬉しい♪しかも、10個セットだと、1個分お得な料金設定になってます♪

不思議な食感も楽しめる、ジューシーな「南ぬ豚 網脂ハンバーグ」、これは試してみる価値大いにあります。

 

「南ぬ豚 しゃぶしゃぶ」のお取り寄せレビューはこちら♪☟

 



 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク