移住への第一歩!「住み込みバイト」で沖縄での生活を実体験してみよう

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 6 分で読めます。

 

沖縄への移住にあこがれているけど、沖縄の気候に身体がついていけるか、とか、沖縄での生活になじめるか、自分の思うような仕事に就けるか、など、実際そこに暮らしてみないと分からないことって多いですよね。

そこで、移住へのステップとして、居住も収入も確保できる「住み込みバイト」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

移住のパターン

私が沖縄で知り合った、県外から沖縄へ移住した人には、2パターンありました。

 

ひとつは、ある日思い立って突撃で沖縄へ引っ越して、そのまま定住するタイプ。

もうひとつは、様子見でしばらく沖縄に住んでみてじっくり検討、その後本格的に定住へ切り替えた、というタイプ。

後者のほうが、慎重で、より現実的なのかもしれませんね。

でもその場合ネックになるのは、費用がかかること。現在住んでいる賃貸の家賃も払いつつ、沖縄でも部屋を借りて家賃を払うと、2重に家賃を払うことに。入居時の保証金、引越し代もバカになりません。

短期間でもいいから沖縄で暮らしてみて、実際の生活や仕事を体験してから移住を決めたい、と考える慎重派には、「住み込みバイト」という方法もあります。

 

住み込みバイトという選択肢

沖縄の賃金は日本の中では安いほう。今後のことを考えると、少しでもお金は節約しておきたいですよね。

そこでおすすめなのは、住み込みバイト。派遣会社によっては、住む場所の家賃や、沖縄への交通費まで出してくれるところもあるみたい。

その上、派遣先でお仕事をして給料もいただける。

そしてなにより、仕事が休みの日には、思いっきり沖縄を満喫できる。これ、サイコーじゃないですか?

 

仕事先に沖縄県民の方に、沖縄のことを色々聞いたりすれば早くなじめるだろうし、一緒に働く県外からの仲間と仲良くなれば、交流や情報交換もできます。

気の合う仲間ができることによって、沖縄へ移住したときの心の支えにもなるでしょう。

 

リゾートバイトの求人

沖縄のような、リゾート地での住み込みバイトの求人があるって、ご存知ですか?

リゾートバイト、略して「リゾバ」というらしいのですが、南は沖縄から北は北海道まで、リゾート地と呼ばれる場所のスキー場やホテル、テーマパークなどでのバイトのことです。

 

スポンサーリンク

 

沖縄だったらやっぱり、「海」関係やホテルの求人が多いでしょうか。

しかも、住み込みでバイトができるなら、めっちゃ面白そうですよね。

私も沖縄へ行くことを考え始めたころ、そういった求人をスマホで見ていました。


 

私の友人で、リゾートバイトに参加した人がいます。

離島のホテルへ住み込みで約6か月滞在、ベッドメイキングやウェイターなどのお仕事をして、有料でダイビングのライセンスを取得。

面接は特になく、履歴書を送付しただけみたい。

寮は、人数に余裕があったので一人部屋だったとか。

その後別のダイビングショップへ転職し、ダイビングの仕事をしたそうです。

バイト先で色んな技術を学んで、免許などを取得して次へ活かす、というのもいいですね♪

 

メリット・デメリット

リゾバの求人を覗いてみると、居住の寮費が無料、沖縄への交通費が無料、3食の食事付き、Wi-Fi利用可能、水道光熱費が無料、生活備品・家電付きなど、いたれりつくせりのものが多いです。

部屋は、数名1室だったり、個室の場合もあり、中にはホテルの1室に寝泊まりできる場合もあります。

ダイビングショップでバイトをすると、その間に割安でダイビングのライセンスが取得できたりする優遇もあるようです。

 

デメリットといえば、思いつくのは、事務職で住み込みというのは見当たらないということ。

リゾート地=観光客が沢山訪れる場所。ということは、接客業、サービス業が多いのは仕方ないですね。

私は接客とかが苦手なため、リゾートバイトは諦めました(;^ω^)

 

沖縄での「生活」を体感したい方におすすめ

沖縄へ移住してみたいけど、色々と不安で迷っている、少しでも沖縄での生活を体感してからじっくり考えてみたい、接客業、サービス業が得意、海での仕事に憧れている・・・そんな方に、「リゾートバイト」での住み込みバイトがおすすめです。

バイトの期間は、1か月や2か月、お盆の期間中などあるので、長期休暇や夏休みなどを利用してリゾートバイトに参加してみてはいかがでしょうか(^-^)

全国各地のリゾートバイト検索サイト
はたらくどっとこむ




Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク