荒木飛呂彦の原画に感動!ルーブル美術館特別展in大阪に行ってきた!

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 7 分で読めます。

p1140681

なんだか急に冬らしくなってきましたねぇ。今週末は外出の予定があるのに・・・雪が降るかもなんて(;´Д`)

今日はそんな寒空の中、梅田のグランフロント大阪で開催されている「ルーブル美術館特別展  LOUVRE  NO.9」に行ってきました。

へぇ、ちゃぼって美術とかに興味あったんだぁ~って思った人もいるでしょう。興味ないこともないです。おととしくらいにあべのハルカスへ絵画を見に行ったし、中学校時代は美術部だったし、小学生のときは佳作という賞をとりました。(`・∀・´)エッヘン!!

自慢気に「佳作」と言いましたが、佳作とはどれくらいの価値のある賞なんでしょうか?当時はすごく自慢に思っていました。体育館の壇上に上がって賞を頂いたのですから。

気になったので調べてみました。

「出来栄えのいい作品」「入賞した作品に次ぐ優れた作品」だそうです。

おまけ・・・みたいなかんじ?

まぁ、いいじゃないですか!賞は賞だ!

 

話がそれましたが、たまたまフリーペーパーに載っていたイベント情報を見かけまして。これは是非行っとかないとと思ったのです。

フランスはパリにある、あのルーブル美術館が、現代アートとして「漫画」に注目し、「ルーヴル美術館 BD プロジェクト」(BD=漫画)を始動。才能のある漫画家たちに、ルーブルを漫画で表現してもらうという大胆な試みなんだって!

 

フランスには芸術の序列があって、1から8までは順に建築、彫刻、絵画、音楽、文学(詩)、演劇、映画、メディア芸術なんですが、今、9番目に注目されているのが「漫画」なんだとか。

日本の漫画文化は有名ですよね。フランスで漫画?なんかイメージ涌きませんけど、実はフランス語圏には「バンド・デシネ(BD)」と呼ばれる漫画文化があって、多くの人々に楽しまれているそうです。

選ばれた16人の漫画家たちが描いた「ルーブル」がグランフロント大阪にきている(*‘∀‘) なんかワクワクしませんかぁ~♪

 

ただね、実は私のこのワクワクは美術に興味があるワクワクとは違うんですよぉ~

ムフフ

漫画家、荒木飛呂彦さんがこのプロジェクトに参加しているのです!ワオ!

そう、あのジョジョの奇妙な冒険の作者です!

フリーペーパーにジョジョの奇妙な冒険に出てくる岸部露伴が載っていたので「あら?」っと目を停めたと。こうゆうことですね。(岸部露伴とは、ジョジョの奇妙な冒険に登場する漫画家なんです)

これがなかったら正直行ってなかったと思う(;^ω^)

 

で、寒いのなんてなんのその、梅田まで出向いたわけです。

田舎者なんで、イベント会場にたどり着くまでに時間がかかりました。この会場がちょっと分かりにくくて。グランフロント大阪 北館のB1にある「ナレッジキャピタルイベントラボ」という場所を目指して地下へ行ったんですが、チケット売り場は1階のカフェラボの横っちょ。そのすぐ横にあるエスカレーターで下へ降りると展示場の入口がありました。親切なスタッフの方が教えてくれて助かったぁ~

チケットがいくらなのかも見ずに行ったものですから、1,600円と言われたときには少しひるみましたよ。高!

これが、前売りだと1,500円で購入できたのです。しかも、オリジナルB3ポスター(非売品)付き。けど前売り券は11月30日までだったみたい。もっと早く知りたかった・・・(;^ω^)

 

スポンサーリンク

ようやく展示場の中へ。途中から撮影禁止となっていましたけど、最初と最後の場所だけは撮影可だったので撮らせてもらいました♪

p1140682

p1140683

p1140685

p1140687

p1140686

 

中へ入ると、16人の漫画家たちが描いた原画などが飾られていて、吸い込まれるようにその世界に入っていっちゃいました。

独特のタッチだったり、とても繊細な線で描かれていたり。なかなか原画を見る機会なんてないですもんね。

で、中盤あたりに来たときにこれぞジョジョってかんじの飾り付けがしてあるブースに。テンションMAX。

で、じっくりじっくり穴が開くほど原画を見まくりました(笑)

芸術ですよマジ。

実際にルーブルへ行って、壁の材質はどんなかんじなのか、扉の材質は?階段なのかエレベーターなのかなど、細かいところまでリアリティを求めて描かれた作品が「岸部露伴ルーヴルへ行く」なんですって。ほぅ~!実際行ったのかぁ~!

それに、漫画に出てくる人たちのとるポーズが、実際にある美術品のポーズを真似てあったりして、その辺もリンクさせてるんだとか。さすが。

なんだか、パリのルーブル美術館、行ってみたくなりました(*‘∀‘)

ルーブル美術館の出版部の方も、「漫画という力を借りてルーブルを訪れてください」と言っていますよ~。狙い通りですよ。これで本当に行く人増えると思いますよ。

で、荒木飛呂彦ブースを見終わった私は満足して、前半の3倍のスピードで出口まで進み、ホクホク気分で帰路についたのでした( *´艸`)

大阪の展示は1月29日迄なので、早く行ってねぇ~♪大阪の後は、福岡、名古屋で予定してまーす!

 

展覧会名ルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9~漫画、9番目の芸術~」

開催場所:東京/2016年7月22~9月25日(終)

大阪/2016年12月1日(木)~2017年1月29日(日)
グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ

福岡/2017年4月15日(土)~5月28日(日)
福岡アジア美術館

名古屋/2017年7月15日(土)~9月3日(日)
松坂屋美術館

 

チケット:一般・大学生 1,600円
中・高校生  1,200円
小学生    600円

 

会館時間:11:00~18:00(最終入場17:30)

【関連記事はこちら】

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です