那覇から20分!360度きれいな海に囲まれたナガンヌ島へ行こう♪

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 9 分で読めます。

 

沖縄には沢山の無人島がありますが、那覇から船で約20分で行ける小さな無人島「ナガンヌ島」をご存知ですか?

ほぼ平坦でシンプルな島ですが、ビーチにコテージがあったりしてオシャレだし、設備も整っているので、わりと気軽に行けて楽しめる無人島ではないかと思います。

 

ナガンヌ島ってこんな島

渡嘉敷村に属するナガンヌ島は、東西に約1.7km、南北に約200mと、細長~い島です。

実は正式名称があるそうで、「慶伊瀬(ケイセ)島」というそうです。ですが、島の形が「細長い」ことから「ナガンヌ島」と呼ばれるようになったという説があり、今ではこの「ナガンヌ島」のネームの方がメジャーになっているとのこと。

 

海が、こんなにキレイ!キラキラの水面をボ~っと眺めていられる美しさ・・・はぁ~、ため息出ます(>_<)

ちなみに、ナガンヌ島周辺でシュノーケルをした時の様子はこちら☟

 

 

桟橋近くの丘の上には、2014年に「慶良間諸島国立公園」に指定されたときの記念碑が立っているので、ここでの記念撮影がおすすめです。

 

島は、貝殻やサンゴのかけらなどのコーラルサンドでできているので、足元はサンゴだらけ。しかも大粒なので、素足で歩くには痛い(>_<) ビーチの側には岩場の部分もあるので、ビーサンやマリンシューズは必須です。

 

ナガンヌ島への行き方

私はシュノーケルツアーでたまたま上陸できたのですが、そういったシュノーケルツアーで行くプランもあるし、那覇とナガンヌ島を結ぶ定期便もあります。

定期便を利用する場合は、「日帰りプラン」「ステイプラン」があるので、簡単に紹介します。

ツアーは、「ナガンヌ島公式サイト」より予約ができます。

 

日帰りプラン

◆運航時間◆

【2019年4月・5月・6月・10月】

 泊港発ナガンヌ島発
1便9:3015:00

 

【2019年7月・8月・9月】

 泊港発ナガンヌ島発  
1便8:3014:00
2便9:3015:00
3便10:3016:00

 

◆料金◆

【2019年4月・5月・6月・10月】

※軽食なし

大人(12歳以上) 4,200円

小人(4~11歳) 3,200円

幼児(0~3歳) 500円

 

【2019年7月・8月・9月】

※大人、小人は軽食(カレーライス)付き

大人(12歳以上) 5,800円円

小人(4~11歳) 4,800円

幼児(0~3歳) 500円

 

ステイプラン

さすがにホテルのような建物はないので、レストハウスへの宿泊か、テントでの宿泊になります。

◆運航時間◆

【2019年4月・5月・6月・10月】

 泊港発ナガンヌ島発
1便9:30翌11:30

※帰りの便を午後の便へ変更の場合、別途1,100円必要(要予約)

 

【2019年7月・8月・9月】

 泊港発ナガンヌ島発
1便8:30翌9:00
2便9:30翌9:00
3便10:30翌9:00

※帰りの便を午後の便へ変更の場合、別途2,100円必要(要予約)

 

◆料金◆

【2019年4月・5月・6月・10月】夕食・朝食付き(昼食なし)

大人(12歳以上) 12,200円

スポンサーリンク

小人(4~11歳) 9,700円

※お1人で宿泊の場合、シングル料金2,100円が発生

 

【2019年7月・8月・9月】夕食・朝食付き(昼食付き)

大人(12歳以上) 14,800円

小人(4~11歳) 12,300円

※お1人で宿泊の場合、シングル料金2,100円が発生

 

どうやって遊ぶ?

ナガンヌ島では、区域内で遊泳シュノーケルができるほか、遊泳区域外でのシュノーケリングやオーシャンウォーク、ドラゴンボートなどのアクティビティもできます。

※シュノーケルをするときは必ずライフジャケットを着用してください。

また、シュノーケルセットやライフジャケット、パラソル、デッキチェアーなどもレンタル可能。手ぶらで行っても満喫できそうですね♪

 

ナガンヌ島の施設

男女別のトイレ

結構きれいだった印象。確か洋式だったはず・・・

 

シャワー&ロッカー

 

レストコテージ

見てください、オシャレなレストコテージ!日を除けるには、パラソルよりも安心ですね。要予約。

 

自動販売機

チューハイ・ビールが400円、ペットボトルが200円など。少々割高です。

 

レストラン

「ダイニングテラス カーサ・ディ・マーレ・ナガンヌ」。オシャレなネーミングですね~。

メニューは、イカの唐揚げやピザ、カレー、スパゲティ、ラーメンなどがあります。ソフトドリンク、コーヒー、お酒も有り。(飲酒しての遊泳・アクティビティは避けましょう)

また、こちらでは「ナガンヌ島オリジナルグッズ」の販売もしているようです。Tシャツやトートバッグ、コースターなど。記念にいかがでしょうか。

 

レストハウス

ステイプランのときに泊まるレストハウス。

ベッド、エアコン、コンセント2口、懐中電灯、室内灯が設備としてあるみたい。風呂、トイレはないので、島のシャワーとトイレを使用するということですね。

夜になると真っ暗になるはずなので、懐中電灯があるのは助かります。

ベッドは、シングルサイズよりも幅が少し狭いみたいなので、寝返り打つのが少々きついかも?

 

ナガンヌ島を楽しむためのルール

ナガンヌ島は、ある程度の施設が整ってはいますが、なるべく自然環境を保つためのルールがあります。

◆水質保全のため、一般的なシャンプーや石けんは使用禁止となっています。環境に良いエコ系洗剤を使用しましょう。

◆ナガンヌ島は、ウミガメや絶滅の危機にあるアジサシの繁殖地となっています。立ち入り禁止ロープの中には立ち入ってはいけません

◆自然環境を守るため、ゴミを出さない努力をしています。そのため、ナガンヌ島への飲食物の持ち込みは禁止されています。食事はレストランで、飲み物はレストランか自動販売機で購入してください。

詳細は「ナガンヌ島公式サイト」にて確認してください。

 

ナガンヌ島を楽しむなら宿泊でしょ♪

シュノーケルツアーで、たまたま立ち寄ったナガンヌ島。

わたしはこの島に、いつしか泊まってみたいと思っています。ここには本島の明かりが届かず、夜には満天の星空が見えるはずだから。

シャワーとトイレと、寝る場所さえあれば、なんとかなる。めっちゃ楽しいと思う~ワクワク!

海も透明度が高く、シュノーケルするには絶好のポイント。遊泳区域だけでなく、ここは是非、ガイド付きで区域外でのシュノーケルを申し込んでみてください。

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク