ゾウの鼻のような奇岩で有名な【万座毛】沖縄県恩納村のビュースポット

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 4 分で読めます。

 

沖縄県本島中部の恩納村(おんなそん)にある、絶景のビュースポット「万座毛(まんざもう)」。

透明度の高い海と、荒波が打ち付ける岸壁にはゾウの鼻のように見える奇岩もあり、絶好のビュースポットです。

 

万座毛の様子

駐車場から徒歩で万座毛へ向かうのですが、整備された遊歩道を進むとすぐに到着できます。

「万座毛」とは、万人が座れる草原、という意味で、ぐるりと見渡してみると、本当に一面が芝生の草原。

 

琉球石灰岩でできている岸壁に向かうと、高さおよそ20mもあるゾウの鼻のような奇岩がお目見え。

 

柵はありますが、乗り出すのが怖いほどの岸壁ですのでお気をつけてください。風も強いので、帽子などが飛ばされないよう注意が必要です。

 

下を見ると、透明度の高いキレイな海が・・・見えるはずなんですが、私が訪れたときは天気がいまいちで(;^ω^) 晴れた日には、もっと素晴らしい景色なんだろな~と想像されます。

きれいな海とのコントラストを撮るならば、逆光にならないよう、午前中が狙い目とのことです。

散策路の終盤には、夫婦岩も見えてきます。

 

万座毛では、自生する貴重な植物や花が見られ、ここら一帯は万座毛石灰岩植物群落として、県の天然記念物にも指定されています。

 

万座毛の散策所要時間は、ゆっくり歩いても20分程度。近くへ来たら、お散歩がてらに是非立ち寄ってみてください。

駐車場すぐ目の前にある、レトロな雰囲気のお土産屋さんもチラ見してみてね~。

 

住所:沖縄県国頭群恩納村恩納

駐車場:無料

 

周辺の観光

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク