長く伸びる橋の絶景!沖縄北部の離島「古宇利島」

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

この記事は約 4 分で読めます。

 

バスツアーなどでチラッとしか行ったことのない島なのですが、長く伸びる白い橋が絶景の離島「古宇利島(こうりじま)」を紹介します。

 

古宇利島ってこんな離島

古宇利島は、沖縄本島北部の今帰仁村に帰属する離島で、那覇空港からだと、車で約1時間半かかります。

名護市の屋我地島を経由して橋で渡りますが、2005年にお隣の屋我地島と「古宇利大橋」でつながるまでは、船での行き来をしていました。

有人の島の周囲は約7.9kmと、ごく小さな円形の島。サトウキビや紅芋を生産する農業や、漁業が主な産業です。

「古宇利島」の語源は、「恋島(くいじま)」とも言われていて、沖縄版「アダムとイブ」の伝説が残っているんだって。なので、恋のパワースポットとして、カップルに人気の離島らしいです。

 

古宇利大橋の絶景

この島の人気のひとつが、古宇利大橋。一直線に伸びる1.9kmの橋は、見ごたえバツグンです。

 

橋のすぐたもとにあるビーチは、この景色を写真に収める人たちでいっぱいでした。

 

ここまで来たら、長い古宇利大橋を少しでも渡ってみましょう!ビーチからも上がっていけます。

 

古宇利島のビーチ

離島といえば、やっぱ、ビーチには行きたいですよね。

古宇利島には、5カ所のビーチがあります。

古宇利大橋のたもとにある「古宇利ビーチ」を始め、ぽっかり穴の開いた岩がある「トケイ浜」や、アダムとイブが暮らしていたとされる「チグヌ浜」、ハートの形をした岩があり、ハートロックビーチとも言われている「ティーヌ浜」、観光客があまり来ない「ソウヌ浜」。

 

 

キレイなんだろうなぁ~♪せっかくなので、出来たら全部回ってみたいですね♪

 

古宇利島の施設

古宇利島には、飲食店や宿、ビーチもあります。泊りがけで来てのんびり島で過ごすのも有りですね。

古宇利大橋のそばにあった、市場のようなお土産屋さん。

 

古宇利大橋すぐ目の前にある、海の家YOSHIKA。

 

また、島の高台にそびえる白い塔は、「古宇利オーシャンタワー」といって、古宇利島資料館や屋内展望フロア、屋上にはオーシャンデッキもあるそうな。

残念ながら、私はまだ行ったことがないのですが、タワーまではカートに乗って、音声ガイダンスを聞きながら登っていく(約8分)みたいなんです。めっちゃ面白そう!

【古宇利オーシャンタワー】

住所:沖縄県国頭群今帰仁村古宇利538番地

電話:0980-56-1616

定休日:年中無休

営業時間:9:00~18:00(最終入園17:30)

料金:大人800円、中・高校生600円、小学生300円、小学生以下無料

 

一緒に観光したいスポット

古宇利島へ行くなら、周辺のこんなスポットにも是非立ち寄ってみてください♪

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク